カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

神社仏閣

宝厳寺・圓満寺

久万高原線を行く 1 一晩世話になったホテルルナパークを出て、少し歩きます。 「宝厳寺」(ほうごんじ)の参道、坂道を登っていきます。上人坂(しょうにんさか)というそうです。

東宮山古墳

木梨軽皇子を訪ねて 4 / 青春18令和2年夏紀行 5日目 木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)(以下、キナシと表記)の墓と云われる東宮山古墳までやってきました。

多家神社

多家神社を訪ねて / 青春18令和2年夏紀行 2日目 今回の旅の最後の目的地、多家神社にやってきました。

夫婦岩・安産岩・宮内井戸の椿

木次線を行く 2 では、雨の中、 タクシーで登ってきた道を、帰りは傘さして歩いて下っていきます。

倭文神社

木次線を行く 1 タイトルを「木次線を行く」としましたが、「乗り鉄」になって木次線に乗るのは後程。 まずは「古代史・神話愛好者」になって、昨夜泊った東郷温泉からほど近い「倭文神社(しとりじんじゃ)」を訪ねてみます。 昨日泊まった水明荘でタクシー…

白兎神社 後編

因幡の姫様を訪ねて 7 白兎神社の参道を進んでいきます。

白兎神社 前編

因幡の姫様を訪ねて 6 道の駅 「神話の里 白うさぎ」までやってきました。 案内板にオオクニヌシとうさぎの像、駐車場の奥には目指す白兎神社の鳥居が見えます。

賈沼神社

因幡の姫様を訪ねて 3 目指す目的地「賈沼神社」(めぬまじんじゃ)までやってきました。

加藤神社

熊本城内の加藤神社 鳥居に拝礼して中へ。

八本杉

神話と古跡を訪ねて 18 / 青春18令和2年春紀行 4日目 斐伊神社(ひいじんじゃ)の参詣を終え、踏切わたって少し歩きます。

斐伊神社

神話と古跡を訪ねて 17 / 青春18令和2年春紀行 4日目 斐伊神社(ひいじんじゃ)までやってきました。

賣豆紀神社

神話と古跡を訪ねて 13 / 青春18令和2年春紀行 4日目 松江のホテルで一夜を明かした二日目、今日からサブタイトルに「青春18令和2年春紀行」の文字が入ります。 しかし列車に乗るのはもう少し後、まずは松江市内を歩き 路地の入口には「売豆紀丁」と彫られ…

六所神社

神話と古跡を訪ねて 11 案内板にあった「国府総社」のほうへ行って見ます。

神魂神社 奥宮

神話と古跡を訪ねて 8 神魂神社(かもすじんじゃ)には奥宮があり、磐座(いわくら)があるそうです。そちらのほうに行って見ます。 ここ、神魂神社の横にある高校の入口、どうもその奥宮はこの先にあるようなのです。 行っていいのかな・・・

神魂神社

神話と古跡を訪ねて 7 神魂神社(かもすじんじゃ)の参道入り口、 鳥居に拝礼して進んでいきます。

清水井

神話と古跡を訪ねて 5 赤猪岩神社から古道を通って、人里まで降りてきました。

赤猪岩神社

神話と古跡を訪ねて 3 赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ) 桜がきれいに咲いてます

熱田神宮 後編

鉄道唱歌で行く東海道本線 20 / 青春18令和2年春紀行 3日目 熱田神宮に来ています。 熱田神宮本宮の境内の隅の方

熱田神宮 中編

鉄道唱歌で行く東海道本線 19 / 青春18令和2年春紀行 3日目 熱田神宮に来ています。 雨の中、参道を進んでいきます。

熱田神宮 前編

鉄道唱歌で行く東海道本線 18 / 青春18令和2年春紀行 3日目 熱田神宮の正門

焼津神社 後編

鉄道唱歌で行く東海道本線 13 / 青春18令和2年春紀行 2日目 静岡県焼津市のヤマトタケルを祀る焼津神社に来ています。 境内には摂末社がいくつかあります。 「郷魂祠」だそうです

焼津神社 前編

鉄道唱歌で行く東海道本線 12 / 青春18令和2年春紀行 2日目 焼津駅に着きました。 ではこれから、鉄道唱歌にも歌われた焼津神社を訪ねていきます。

走水神社 後編

鉄道唱歌で行く東海道本線 6 / 青春18令和2年春紀行 2日目 走水神社(はしりみずじんじゃ)に来ています。

走水神社 前編

鉄道唱歌で行く東海道本線 5 / 青春18令和2年春紀行 二日目 走水神社(はしりみずじんじゃ)

狭岡神社

岡山発 東京行き 普通列車の旅 10 / 令和2年春紀行 初日 狭岡神社(さおかじんじゃ)

賣太神社

岡山発 東京行き 普通列車の旅 8 / 青春18令和2年春紀行 初日 環濠集落の中からぐるっと回って神社の正門に出てきました。

高島神社

岡山発東京行き 普通列車の旅 3 / 青春18令和2年春紀行 初日 新幹線の高架下、高島駅。

戒壇院

観世音寺の隣にある戒壇院

観世音寺

太宰府駅まで戻ってきました。 でも、電車には乗らずに 駅前の通りをそのまま歩いていきます。 ここから観世音寺を目指します。

太宰府天満宮 令和2年3月 後編

太宰府天満宮に来ています。 裏手には末社が並んでいます。 中には野見宿祢(のみのすくね)を祀ったものもあります。 野見宿祢は菅原氏の先祖とされています。