カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

本四備讃線 2534M 善通寺~岡山

 
では善通寺駅から、あとはまっすぐ帰ります。
まずは善通寺駅から岡山へ。

善通寺発10時57分発の岡山行き鈍行に乗ります。これに乗れば岡山まで乗り換えなしで進んでいくことができます。

イメージ 1

イメージ 2


琴平始発でやってきた列車は黄色一色の国鉄電車。JR西日本所属の電車のようです。
扉は半自動で、手で開ける必要があります。

イメージ 3

車内。座席の表布はブルーから海老茶色のものに張り替えられ、ビニール製のヘッドレストカバーがついていますが、それ以外は国鉄時代のままです。
通路を広く取った狭い座席、斜めになったアームレストなどに初期の国鉄近郊型電車の特徴が見られます。
車内の銘板を見ると、昭和51年製造の115系電車でした。

座席に座ってみると、座面はやや高く、バックレストの腰に当たる部分のふくらみが浅く、後期の改良されたものに比べて座り心地は劣ります。
(後期の改良型はアームレストが水平についているので外見でもすぐわかります。
改良型、リンク先4枚目の写真

イメージ 4

では、昨日から過ごした善通寺を後にします。

イメージ 5

菜の花がすでに咲いています。

イメージ 6

讃岐平野を進みます。
多度津駅を過ぎると、JR四国多度津工場へ続く引き込み線が分かれていきます。
電車は丸亀駅を過ぎ、

イメージ 7

宇多津駅。ここから瀬戸大橋に入り、岡山へ渡ります。

瀬戸大橋は香川県坂出市岡山県倉敷市を島伝いに結ぶ10の橋の総称です。昭和63年供用開始。2層式の鉄道道路併用橋で、上層を瀬戸中央自動車道が、下層のトラス部分にJR四国本四備讃線が通っています。
昨日は上の高速道路を通って四国入りしましたが、まだ真っ暗でした。今日は明るい中、下を列車で帰ります。

イメージ 8

宇多津の街を過ぎると海に近づき、これからわたる瀬戸大橋の全景が見えてきます。

イメージ 9

イメージ 10


橋の鉄骨の中に入りました。いよいよ海上に入ります。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


瀬戸内海、海の上を走ります。眼下には大型船舶が行きかっています。

イメージ 15

瀬戸中央自動車道の与島パーキングエリア。

イメージ 16

再び海上を走ります。

イメージ 17

島伝いに橋は架けられています。有人島のようですが駅はありません。

イメージ 18

もうすぐ本州です。

イメージ 19

そして対岸に上陸、列車はすぐにトンネルの中に入ります。

イメージ 20

児島駅着、11時32分JR四国の管轄はここまで、ここからJR西日本の路線となります。
ここで23分間停車、高松から来た快速電車に追い抜かれます。

イメージ 21

児島から茶屋町までは瀬戸大橋と合わせて建設された路線で、高架線とトンネルで直線に突っ切ります。

イメージ 22

そして茶屋町を過ぎると地上に降りて走ります。茶屋町からは宇野線に入ります。宇野線は岡山~茶屋町~宇野間の路線で、昔から宇高連絡線と接続し四国連絡のルートとなっていました。

イメージ 23

新幹線の高架が見えてきて、やがて12時29分、岡山着。

イメージ 24

善通寺から乗ってきた電車。

これで今回の四国行き、秘境駅坪尻探訪 ・ こんぴらさん参り善通寺及び宿坊温泉訪問、 完結です。
岡山からは新幹線で一直線に帰ります。

≪リンク≫

にほんぶろぐ村 九州旅行←こちらも見てください