カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

海潮温泉

スサノオの足跡を訪ねて 6 / 青春18平成31年春紀行初日

 

さて、須賀停留所まで戻って来ました。
ここからバスで海潮温泉に向かいます

 

f:id:karibatakurou:20190321072535j:plain

バスが来ました

 

 

f:id:karibatakurou:20190321072911j:plain

車内、今度は新しいノンステップのバスです。

 

f:id:karibatakurou:20190321073155j:plain

f:id:karibatakurou:20190321073551j:plain

バスは川沿いに進みます。
海潮温泉停留所に着きます。ここで降りました。

 

f:id:karibatakurou:20190322062439j:plain

去っていくバスを見送ります。

 

f:id:karibatakurou:20190322062538j:plain

橋を渡った対岸が海潮温泉のようです。

ぼくは桂荘という日帰り入浴施設を目指しておりました。
実はそこに行くには次の停留所で降りたほうが近かったのですが、そのときは気がつかず海潮温泉と言う名の停留所で素直に降りてしまったのでした。

 

f:id:karibatakurou:20190322063333j:plain

まあとにかく、その桂荘目指して歩いて行きます。携帯電話の地図ではここをまっすぐ行くといいようです。

 

f:id:karibatakurou:20190322063615j:plain

f:id:karibatakurou:20190322063707j:plain

 

いくつか旅館がありましたが、これらは営業していない模様。

 

f:id:karibatakurou:20190322064659j:plain

 

海潮荘、ここは今でも営業しています。

 

一応この辺が温泉街の中心のようですが、この海潮荘の他にはあるのは廃旅館と民家だけ、商店やコンビニ、観光施設のようなものは全く見あたりりません。

 

海潮温泉で現在入浴できるのは、この「海潮荘」とこれから目指す「桂荘」の2軒のみみたいです。

 

 

f:id:karibatakurou:20190321053303j:plain

そして温泉街は終わり、川沿いの細い道を進みます。

 

f:id:karibatakurou:20190321053535j:plain

 

 

f:id:karibatakurou:20190321054136j:plain

15分も歩いたでしょうか、桂荘にたどり着きました。

 

前<<< 須我神社 後編

次>>> 海潮温泉 桂荘

 

 

≪リンク≫

 

一畑バス 大東線
雲南市 海潮温泉

駅弁の話

温泉の話