カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

湯の川温泉 四季荘

出雲神話の伝承地を訪ねて 3 /青春18平成30・31年冬紀行 5日目

 

f:id:karibatakurou:20190114041608j:plain

四季荘。

 

 

公式サイトを開いてみると、朝6時から営業しているようなので、夜行バスで到着した後の入浴にはちょうどいいと思ってここまでやってきました。

 

しかしこの四季荘公式サイトの写真、どっかで見たことあるな・・・と思ったら・・・いや、思うまでもなく一目でわかりましたが、

 

これ、拙サイト「温泉の話」冒頭の写真と同じ場所、同じモデルです。

 

四季荘さんだって自前の立派な浴場を持ってるだろーに、なぜ自分とこの写真を使わずフリー写真素材サイトから(それも全くよその旅館の写真を)引張ってきてるんだろ・・・

 

出雲市斐川社会福祉セノ」 四季荘に入ります。

 

f:id:karibatakurou:20190114042650j:plain

下足箱に靴を入れて入ると、右手に自動券売機があります。
入浴料600円です。

 

f:id:karibatakurou:20190114042817j:plain

それを入って左手のフロント・・・とゆーか、「社会福祉セノ」だけあって受付窓口といった感じ。

 

f:id:karibatakurou:20190114042908j:plain

そのまま廊下を奥に進み

 

f:id:karibatakurou:20190114043015j:plain

f:id:karibatakurou:20190114043101j:plain

ここですね、中に入ります。

 

f:id:karibatakurou:20190114043205j:plain

脱衣室。奥のロッカーは無料で使えます。

 

f:id:karibatakurou:20190114043429j:plain

f:id:karibatakurou:20190114043546j:plain

f:id:karibatakurou:20190114043636j:plain

中に入ります。

 

f:id:karibatakurou:20190114043759j:plain

中は湯気で曇っています。

体を洗ってから、露天風呂へ。

 

f:id:karibatakurou:20190114043834j:plain

湯けむり立つ露天風呂。

 

なるほど、岩風呂の感じはフリー写真素材サイトPAKUTASOのものに似ている。知らない客が見たら、サイトの写真は自前の風呂で撮影したものと思い込んでしまうだろうな。

 

f:id:karibatakurou:20190114043919j:plain

ドボンと中に入ります。

 

f:id:karibatakurou:20190114044729j:plain

うん、いい感じ。さらりとしていていいお湯です。
遠くで山陰本線を走る列車の音が聞こえてきました。

 

f:id:karibatakurou:20190114044936j:plain

給湯口からちょろちょろお湯が流れ出し

 

f:id:karibatakurou:20190114045133j:plain

岩の隙間から排水されています。
温泉分析表には循環濾過しているとありましたが、新しいお湯もそれなりにそそがれているようですね。

 

では内湯へ

 

f:id:karibatakurou:20190114045210j:plain

タイル張りの浴槽。中に入ります。
内湯は露天より温度低めです。

 

そんなこんなで露天風呂と内湯を行ったり来たりしながら、だいぶ長いこと浸かっておりました。


切り上げて外に出ます。

 

f:id:karibatakurou:20190114045301j:plain

浴室前には黒酢ドリンクの自動販売機。

 

f:id:karibatakurou:20190114045419j:plain

外に出て、もと来た道を駅に向かいます。

 

湯の川温泉 四季荘 温泉・施設について

 

前≪ 湯の川温泉を歩く
次≫ 一畑バス 出雲市駅~出雲大社連絡所

 

 

≪リンク≫

 

湯の川温泉
四季荘

駅弁の話

温泉の話