カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

松崎八幡宮跡・神武天皇御腰掛岩

伊予から安芸へ 7 / 青春18令和6年春紀行 初日

 

天神川駅を降りて歩いて来ました

 

小高い丘の上に石段が延びています

松崎八幡宮跡です

 

ここにあった松崎八幡宮は、明治7年に多家神社に合祀されました

 

なんでも多家神社神武天皇ゆかりの古社でありながら江戸時代にはその所在もわからなくなり、総社と松崎八幡宮が多家神を主張して論争対立が絶えなかったとか

そこで誰曽廼森(たれそのもり)に現在の多家神社を創設し、総社と松崎八幡宮を合祀したそうです

 

 

崩れかけた石段を登って行きます

 

 

急なだけでなく、踏み面も狭くて登りにくい

現代であればこんな規格で作ることは無いでしょう

 

なぜか石段脇には「松崎神社址 府中村」と彫られた石が倒れてる…

 

石段を登った先は広場になってました

ここに昔は八幡宮の社殿が並んでいたのでしょうか

 

 

 

この石段を登った、一段高いところが本殿が建っていたところでしょうか

 

そこには草が茂っていて、

 

「松村八幡宮址」の石碑がポツンと建っていました

 

 

さて、その境内の隅の方

 

神武天皇御腰掛岩と彫られた石碑が建っています

 

これを目指してわざわざここまで来ました

 

 

日向から大和を目指して東征に出港した神武天皇は、安芸の多祁理宮に7年間滞在しました

 

多祁理宮に滞在した神武天皇が腰掛けたという伝説が残る岩なんでしょうね

 

柵の中には、苔の生えた石がひとつ

 

多家神社の公式サイトには「神武天皇が腰掛けて休まれたという岩」としか記載がありません

 

では、元の石段を降りていきます

・・・上から見ると結構怖い・・・

 

そして天神川駅まで戻ってきました

 

天神川駅は上下線のホームが離れていて、その間に広大な広島貨物ターミナルが設置されています

 

ここから鈍行列車を乗り継いで九州に帰ります

 

といったところで今回の一泊二日の四国・広島行き、お開きとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

施設名   松崎八幡宮跡・神武天皇御腰掛岩
所在地  広島県安芸郡府中町宮の町5丁目4
電話  082-286-3272(府中町教育委員会社会教育課学習文化推進係)
FAX  082-286-3298(同上)
営業時間  
定休日  
料金 境内無料
交通 山陽本線天神川駅より徒歩25分
バリアフリー情報  
駐車場 無(多家神社公式サイトによると、多家神社駐車場の利用を勧めている。多家神社より徒歩15分)

  令和6年3月現在

 

 

前<<<  呉線 快速 安芸路ライナー 呉~海田市~天神川 - カリバ旅行記 (hatenablog.com)




≪姉妹ブログ≫

鉄道唱歌の話
古事記の話


≪拙ブログをテーマ別にまとめたサイト≫

温泉の話
駅弁の話 
記紀ゆかりの地を訪ねて

小説古事記
古代史探訪

 

≪外部リンク≫

松崎八幡跡 府中町