カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

八百治の湯 令和3年12月

須佐神社参詣記 1

 

令和3年12月のある日、仕事が終わって勤務先からそのまま博多駅までやってきました。

今日はこれから出雲市行きの夜行バスに乗って、須佐神社を目指していきたいと思います。

 

f:id:karibatakurou:20211219180714j:plain

でも、バスに乗る前にちょっとお風呂に入りに行きましょう。

博多駅から徒歩10分ほどの場所にある八百治博多ホテル(やおじはかたホテル)

 

f:id:karibatakurou:20211219181046j:plain

そのホテルに併設の「八百治の湯」に入ります。

 

ぼくが日勤の仕事が終わってから博多に直行して夜行バスに乗るときは、たいていここに立ち寄ります。

 

 

f:id:karibatakurou:20211219181437j:plain

下足箱に靴を入れて鍵をかけ

 

f:id:karibatakurou:20211219181552j:plain

自動券売機で入浴券を購入します。

 

通常入浴料金は950円ですが、JAFの会員は100円引きになります。

850円の入浴券を購入し、フロントでJAFの会員証を提示します。

 

下足箱の鍵は回収され、ロッカーの鍵と引き換えられます。

タオルとバスタオル、かみそりと歯ブラシも渡されました。

 

 

f:id:karibatakurou:20211219182055j:plain

浴室に入ります。

この先、写真の撮影はできません。

 

脱衣室は木目調の重厚なロッカーが並んでいます。

高さは人の背ほどあり、中にはハンガーもかかっていてコートもゆったりかけられ、荷物も十分入れられる大きさです。

 

浴室は入って正面に大きな浴槽、右手に小さな浴槽があります。

左手はサウナと水風呂、洗い場になっています。

 

では体を洗って浴槽へ。

大きな浴槽にざぶんと入ります。

 

肌触りはさらっとしています。湯温は入浴適温といったところか。

 

小さいほうの浴槽に移動。

こちらはちょっと湯温が低めといったところか。

 

ゆっくり入って出てきました。

 

 

f:id:karibatakurou:20211219183927j:plain

休憩スペース。

奥の扉の先が八百治博多ホテルです。宿泊者は無料で入浴できます。

 

f:id:karibatakurou:20211219184023j:plain

壁に掲げてあった温泉分析所

 

f:id:karibatakurou:20211219184131j:plain

フロント前には畳の休憩スペースがありましたが、こちらは使用禁止になっていました。

 

では、八百治の湯を後にして

 

f:id:karibatakurou:20211219184157j:plain

イルミネーションが輝く博多駅まで戻ってきました。

 

f:id:karibatakurou:20211219184248j:plain

博多駅に隣接する博多バスターミナルへ向かいます。

 

施設名  八百治の湯
所在地  福岡県福岡市博多区博多駅前4-9-2
電話 092-483-5111
FAX 092-483-5123
温泉名  
源泉名 天然温泉 八百治の湯
泉温 26.3度
泉質  カルシウム・ナトリウム‐塩化物温泉(低張性中性低温泉)
利用形態
料金・営業時間
宿泊 併設の八百治博多ホテルで可
日帰り 可/950円/6:30~9:30(最終受付9:00)
12:00~24:00(最終受付23:00)
浴槽の管理  かけ流し・循環ろ過の別 不明
 加水・加温の有無 不明
 消毒の有無 不明
浴槽の種類 男女別
 露天 有
 内湯 有
混浴
 露天 
 内湯 
家族・貸切
 露天  無
 内湯  無
備品・設備 ボディソープ  有
シャンプー     有
タオル(日帰り)  有
ドライヤー   有
ロッカー        有
自動販売 ソフトドリンク    有
アルコール飲料  有
瓶入り牛乳     
アイスクリーム  
その他
食事処
アクセス 博多駅より徒歩10分
駐車場  
温泉について  

 

 

次>>>  出雲ドリーム博多号 博多バスターミナル~宍道 令和3年12月 - カリバ旅行記 (hatenablog.com)

 


 

 

≪過去レポート≫

 

平成31年3月

 

≪姉妹ブログ≫

鉄道唱歌の話
古事記の話


≪ブログ以外の姉妹サイト≫

温泉の話
駅弁の話
古事記ゆかりの地を訪ねて