カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

東宮山古墳

木梨軽皇子を訪ねて 4 / 青春18令和2年夏紀行 5日目

 

f:id:karibatakurou:20200916081236j:plain

木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)(以下、キナシと表記)の墓と云われる東宮山古墳までやってきました。

 

 

f:id:karibatakurou:20200916081633j:plain

石段の横に建立されている歌碑

 

天飛ぶ 鳥も使ぞ 鶴が音の 聞えむ時は 我が名 問わさね

 

天を飛ぶ鳥も伝言の使者なのだよ。鶴の声が聞こえたときは、わたしの名を告げその近況を尋ねてくれよ・・・

 

キナシが伊予の道後温泉に流刑となっていく途中、妻であり妹であるソトオリに届けと願いを込めて詠んだ歌です。古事記下巻に収録されています。

 

 

f:id:karibatakurou:20200916081837j:plain

鳥居の横に「東宮山」と彫られた石柱

 

f:id:karibatakurou:20200916082151j:plain

 

キナシは第19代允恭天皇(いんぎょうてんのう)の皇子です。次期天皇の座が約束された皇太子でした。

 

しかしキナシは同母の妹であるソトオリと情を通じ合っていました。古代にあっても同母のきょうだい間で愛し合うことはタブーとされていました。

このことが知れ渡ると、キナシから人心は離れていきます。朝廷の官僚も市井の庶民も次の皇位は聡明とうわさが高い、キナシの同母弟のアナホがふさわしいと考えるようになりました。

 

f:id:karibatakurou:20200916082426j:plain

 

そんな朝廷の空気がいたたまれなくなったキナシは、朝廷を飛び出し家臣のオオマエコマエの屋敷に逃げ込み、挙兵の準備を始めました。アナホはキナシを捕らえるべく軍を出してオオマエコマエの屋敷を取り囲みます。

オオマエコマエはキナシに投降するよう説得し、キナシはこれに応じました。

 

皇軍に捕らえられたキナシの皇太子の地位は剥奪され、伊予の湯(道後温泉)に流刑にされました。

 

 

 

f:id:karibatakurou:20200916082705j:plain

 

都に残されたソトオリでしたが、その後キナシを追って道後温泉にたどり着きました。

 

・・・そしてキナシとソトオリは自害して果てたといいます。

 

f:id:karibatakurou:20200916083306j:plain

長い石段を登り切りました。

 

先日の台風で飛ばされてきたのでしょう、いたるところに枯れた小枝が散乱しています。

 

 

f:id:karibatakurou:20200916084851j:plain

しかし、現地の案内板では古事記とはちょっとニュアンスが違ってますね。

 

ここではキナシが流罪になった理由が同母妹との不倫とは書いてません。

案内板だけ読むと、キナシはアナホとの政争に敗れて流罪になったような印象を受けます。

そして道後温泉に着く前に嵐でここに流されて定住し、没後はここに葬られた・・ということになってますね。

 

f:id:karibatakurou:20200916085059j:plain

正面の墳丘、キナシの墓ですね。

 

ちなみに日本書紀ではまた少し違った物語になっており、伊予に流されたのは妹のカル(ソトオリ)の方で、キナシはオオマエの屋敷で自害したことになっています。

 

f:id:karibatakurou:20200916085219j:plain

いずれにしてもキナシは皇族には違いないので宮内庁が管理しているようです。

 

 

f:id:karibatakurou:20200916085433j:plain

 脇にはなにやらお社があります。

案内板にあった「春宮神社」でしょうか?

 

f:id:karibatakurou:20200916085749j:plain

 キナシが眠る東宮山古墳

 

f:id:karibatakurou:20200916090031j:plain

 横に細い通路があります

古墳の周囲を一周できるようです

 

f:id:karibatakurou:20200916090543j:plain

墳丘の頂上付近 

 

ぐるっと一周して元の境内に戻ってきました。

しかし、途中もろに蜘蛛の巣に頭を突っ込んでしまった・・・

 

f:id:karibatakurou:20200916090852j:plain

 境内の隅にあった祠

 

f:id:karibatakurou:20200916091202j:plain

 謎のコンクリートの構造物

この上に何かのお社でも立っていたのでしょうか。

 

f:id:karibatakurou:20200916091518j:plain

 これまた謎の構造物

石で蓋がされて、周りをステンレスの柵で囲まれています。

いったい何なんだろう・・・

 

では、東宮山古墳を後にして

 

f:id:karibatakurou:20200916092009j:plain

 元の道を戻り、一貫田(いっかだ)停留所まで戻ってきました。

 

f:id:karibatakurou:20200916092234j:plain

 そこにやってきた10時38分発新居浜行きの瀬戸内運輸バスに乗りこみます。

 

f:id:karibatakurou:20200916092427j:plain

 

 

f:id:karibatakurou:20200916094303j:plain

 約13分で伊予三島駅に到着、ここで降ります。

 

東宮山古墳

愛媛県四国中央市妻鳥町2256-2

JR予讃線 伊予三島駅川之江駅からせとうちバスに乗車、一貫田下車徒歩15分(本数少ないので注意)

高速バス 三島川之江IC停留所より徒歩5分

駐車場無し

 

前<<<  瀬戸内運輸 川之江~一貫田 - カリバ旅行記

次>>>  予讃線 伊予三島~伊予西条~松山 令和2年9月 - カリバ旅行記

 

 

古事記の話≫

 

  兄妹の恋
  キナシ、捕わる
  流罪となるキナシ
  兄妹愛の結末

 

≪タクロウ作成のサイト≫

鉄道唱歌の話 本日更新
温泉の話
駅弁の話
古事記の話 本日更新
古事記ゆかりの地を訪ねて

 

≪参考リンク≫

 

東宮山古墳 四国中央市教育委員会