カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

山陰本線 松崎~米子~宍道 令和2年7月

木次線を行く 3 / 青春18令和2年夏紀行 初日

 

f:id:karibatakurou:20200815051506j:plain

雨の中、歩いて松崎駅まで戻ってきました。

 

 

ここからサブタイトルに「青春18令和2年夏紀行」の文字が入ります。

 

f:id:karibatakurou:20200816061746j:plain

松崎11時9分発、米子行き快速「とっとりライナー」。

 

 

f:id:karibatakurou:20200816062017j:plain

ボックスシートが並ぶ車内

セミクロスシートですが、扉は車端部の片開きなので、国鉄の急行型に近い印象です。

 

f:id:karibatakurou:20200816062214j:plain

 

f:id:karibatakurou:20200816065257j:plain

快速とっとりライナー、赤崎から伯耆大山まで20分間ノンストップ、その間いくつもの駅を通過していきます。

 

こうやってボックスシートにおさまって通過する駅を見ていると、あたかも国鉄の急行列車に乗っているようです。

 

 

f:id:karibatakurou:20200816062412j:plain

大山は雲がかかっていて見えません。

 

f:id:karibatakurou:20200816062639j:plain

12時3分、米子着。

 

f:id:karibatakurou:20200816062853j:plain

米子駅

 

一旦改札を出て、駅前のコンビニで飲み食いするものを調達し、再び改札内

 

f:id:karibatakurou:20200816063158j:plain

米子12時46分発益田行き快速「アクアライナー

 

f:id:karibatakurou:20200816064209j:plain

 こちらもボックスシートですが、シートの形状が少し違います。

 

f:id:karibatakurou:20200816064506j:plain

 

 

f:id:karibatakurou:20200816064751j:plain

 列車は宍道湖と中海をつなぐ大橋川に沿って走ります。

その大橋川にポツンと浮かぶ島、塩楯島

 

 

f:id:karibatakurou:20200816064925j:plain

 スクナヒコナの神が降臨した時、海の塩が固まりできた島だと云われています。

島内の手間天神社にはスクナヒコナを祀ってあります。

 

f:id:karibatakurou:20200816070235j:plain

 松江駅

 

f:id:karibatakurou:20200816070420j:plain

 

 

f:id:karibatakurou:20200816070624j:plain

 松江を出ると、宍道湖に沿って列車は走ります

 

f:id:karibatakurou:20200816071232j:plain

 そして宍道着、13時44分。ここで木次線に乗り換えます

 

f:id:karibatakurou:20200816070919j:plain

 木次線への乗り換え案内板

 

最も今時、ここから広島に行くために木次線に乗り換える乗客など、その道の「鉄」を除いては皆無でしょう

 

前<<<  夫婦岩・安産岩・宮内井戸の椿 - カリバ旅行記

次>>>  木次線 1451D 宍道~出雲横田 令和2年7月 - カリバ旅行記

 

 

≪過去レポート≫

 

令和2年4月 松江~宍道

令和元年12月 安来~直江

令和元年9月 米子~浜田 荒島~米子

平成31年1月 揖屋~松江~大田市  

平成29年12月 出雲市~米子 米子~鳥取

 

 ≪タクロウ作成のサイト≫

鉄道唱歌の話  
温泉の話
駅弁の話
古事記の話  本日更新
古事記ゆかりの地を訪ねて