カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

古湯温泉 鶴霊泉

古湯温泉に来ております。

佐賀市役所富士支所前の温泉街無料駐車場に車を停め、旅館街に向かいます。

イメージ 1

で、今日やってきたのは鶴霊泉(かくれいせん)、ちょっと敷居が高そうな造りですね。実際日帰りの入浴料は1,000円と、かなりお高めです。

ここは「天然砂湯」というのがあるそうです。
「岩盤から源泉が湧き出してくる鶴霊泉の砂場。岩盤を守るために砂が敷き詰められていて・・・(楽天トラベルの温泉紹介より)だそうですが・・・」

イメージ 2

玄関入って声をかけると、宿の方が出てきましたので日帰り入浴を申し込みます。
入って右手、写真お土産物が並んでる売店の手前に靴箱があり、靴を入れて、フロントで1000円支払います。

イメージ 3

浴室は階段を降りたところだそうです。

イメージ 4

イメージ 5

ここですね

イメージ 6

脱衣室

イメージ 7

イメージ 16

あれ?ここってかけ流しを謳ってなかったっけ?

イメージ 8

扉を開け、さらに引き戸を開けたところが浴室です。

イメージ 9

入って左側に洗い場

イメージ 10

右側に二つに分かれた浴槽があります。
奥のほうが砂湯のようです。
体を洗って、まずは手前の湯へ。

イメージ 11

こっちの湯は熱めに加温されているようです。一般的な入浴の適温ぐらいでしょうか。

イメージ 12

湧出口、岩の隙間から湯がちょろちょろ出ています。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

壁には3枚のパネル。

では奥の「砂湯」とやらに移動してみます。

イメージ 17

足元に砂のじゃり~という感触が伝わってきました。
腰を下ろしてみます。こっちは古湯らしいぬるめのお湯です。
ただ、砂の中からお湯が湧き出してくる・・・という感触はありませんでした。
お湯は窓のわきの竹筒と、入り口わきの小さなパイプから流れ込んでいます。

イメージ 18

お湯が流れ込む竹筒のわきには


イメージ 19

「温泉水 飲んで下さい」だって。

普通「飲用可」とか「飲用泉」とか「この温泉水は飲めます」とか表示するところだろうけど・・・
「飲んで下さい」とお願いされたので、飲んでみました。無味無臭のアルカリ温泉水です。
まあ、循環濾過のお湯を「飲んで下さい」とは言わないだろうから、ここから出てるのはピュアな温泉の湯なんだろうね。

アルカリ性温泉の肌触りで、心地よいお湯であります。

イメージ 20

窓からは石垣が見えるばかりで、川のそばの温泉旅館なのに展望は全くきかない。

イメージ 21

浴槽の入り口とからもちょろちょろお湯が流れ出て、同時に湯があふれて排水されています。
とゆーことは、やっぱりこの浴槽、かけ流しなのかな?・・・

イメージ 22

浴槽の下にはこんな砂が敷き詰められています。

そんなこんなで1時間ばかりゆっくり入ってから、手前の熱い湯にしばらく浸かり、外に出てきました。

まあ、どうなんだろうねえ・・・砂の中から湧き出してるって感触はなかったな・・・湯は浴槽の上にある2か所の湧出口から注がれてますしね・・・
単に浴槽の下が砂になっているだけの感じですが、お湯はなかなかいいし、料金は高いけど入ってみる価値はあるかもしれません。

外に出てきました。

イメージ 23

旅館の前には小さな祠があります。

いっぺん川のほうに出て、今の鶴霊泉の裏のほうに回ってみます。

イメージ 24

嘉瀬川とその支流・貝野川の合流部です。
階段を降りずに、まっすぐ遊歩道を歩いていくと

イメージ 25

鶴霊泉の庭ですが、遊歩道から自由に入ることができます。
そこにあるのが

イメージ 26

斎藤茂吉の歌碑ですね。

「うつせみの病やしなふ寂しさは 川上川のみなもとどころ」

大正9年歌人斎藤茂吉は病気療養のため、隣の扇屋に3週間ほど滞在していたそうです。
川上川というのは、隣を流れている嘉瀬川の別名です。

イメージ 27

寅さんもここに来てたのね・・・
春の日差しが降り注ぐ中、再び駐車場に戻りました。

鶴霊泉 温泉・施設データ
↑リンク先から宿泊予約できます

≪リンク≫




にほんぶろぐ村 九州旅行←こちらも見てください