カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

木漏れ陽 平成29年10月

今日も朝から熊の川温泉ちどりの湯に浸かっています。
少し早めに出て、前にも来たことのある、そばの芽料理専門店の「木漏れ陽」へ向かって車を飛ばします。
 
イメージ 1
 
 
ついたのは11時少し過ぎごろ。
 
店内に入ります。客はそう多くはありません。
「一人ですけどいいですか」とお店の人に言うと「どうぞ、空いてる席へ」と言われ、前来た時と同じ座敷の小さな卓へ。
 
イメージ 2
 
 
まだ客もまばらな店内。
 
イメージ 3
 
 
お店の方がグリーンのシートとそば茶、お通し?の蕎麦チップスを運んできました。
 
前回「檜」コースをいただきましたが、この中に「ガレット」なるものは入っていませんでした。「ガレット」というのはそば粉のクレープの様で、今回これをいただきたいと思いガレットの入った「椿」コースを注文。
店員さんはメニュー表の次のページを指し、ガレットには4種類あるがどれが良いか、と尋ねます。
値段設定が2段階あり、高いほうの「紅葉」「山吹アイスのせ」だと220円の追加料が必要なようです。
で、ベーコン・卵・チーズ・キノコ・そばの芽、といろんな具材がのった「紅葉」を選びます。
 
イメージ 4
 
 
そばの芽サラダとそばの芽ジュース、梅雨と薬味、塩が運ばれてきました。
独特の香りのサラダとそばの芽チップスをつまみ、甘いジュースを少しずつ飲んでると、そばが運ばれてきました。
 
イメージ 5
 
 
前来たときと同じく、塩で、つゆにつけて、薬味を添えて・・・と、そばの風味を味わいながらいただきます。
 
イメージ 6
 
 
そこへ運ばれてきた「ガレット」、なかなかのボリュームです。
ナイフとフォークが添えられてきましたが、どんなして食うんだろう・・・ま、てきとーに端のほうからいただきました。

チーズや半熟卵が、焦げ目がついたそば粉の味とよくマッチしていて、おいしくいただきました。
 
イメージ 7
 
 
だんだん店内は込み合ってきました。
きれいにいただき、あとから運ばれてきた蕎麦湯もきれいにいただきました。
レジでお会計をして、三瀬高原キャンペーンのスタンプを押してもらって出てきました。今日も店外には順番待ちをする客の姿がありました。

 

 
佐賀市富士町上合瀬453-1
電話   0952-57-2873
 
 
 
リンク
 
 
 
 
古湯・熊の川温泉の話←古湯・熊の川温泉について
 
にほんぶろぐ村 九州旅行←こちらも見てください