カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

高島航路


唐津から高島への渡船、航路の名称が決まっていないようなので、ここでは「高島航路」と呼ぶことにします。
ちなみに唐津港の待合室の看板は「高島⇔唐津定期航路」、乗船券には「汽船ニューたかしま」、
宝当神社公式サイトのアクセス頁には「高島~唐津定期船」と、表記はバラバラです。唐津市のサイトには「高島航路」の記載があります。

昭和バス宝当桟橋停留所の先の、高島航路の乗り場へ向かいます。

イメージ 1

高島航路の待合室。中はベンチとトイレだけで切符売り場などはありません。

イメージ 2

待合室の先、ここが高島航路の乗り場です。

イメージ 3

そばには小さな小屋があり、時刻表・運賃表が掲げられています。切符売り場の窓口のようなものもありますが、閉まっていてここでも切符を売ってるわけではありません。

イメージ 4

運賃は船から降りてきた船員さんに直接払います。大人片道210円。支払うと小さな乗船券をくれますが、この後改札・集札されることもないので、領収証のようなものでしょう。

イメージ 5

桟橋に進みます。

高島航路は一日6往復、漁協が運営しているようです。

イメージ 6

もうすでにデッキまでいっぱいで船室には入れません。日和のいい日曜日なので、宝当神社に行く観光客で満員です。

イメージ 7

デッキから船室を見下ろしてみました。

イメージ 8

10:00、出港時刻となりました。

イメージ 9

船から見る桟橋と唐津城


イメージ 10

桟橋を離れていきます。

イメージ 11

正面、東唐津唐津城とを結ぶ舞鶴橋に向かい、この後船は橋の下をくぐっていきます。

イメージ 12

舞鶴橋の真下。正面に目指す高島が見えます。

イメージ 13

目指す高島。

イメージ 14

振り返ると、虹の松原が続いています。

イメージ 15

高島が近づいてきました。

イメージ 16

イメージ 17


高島に到着、おおよそ10分間の船旅でした。

イメージ 18

イメージ 19


船からはたくさんの船客が降りてきました。

宝当神社 へ続く

リンク


宝当神社参拝ガイド←個人作製のものと思われますが、参考になります。

古湯・熊の川温泉の話→私が作ったサイトです

にほんぶろぐ村 九州旅行←こちらも見てください