カリバ旅行記

狩場宅郎のカリバ旅行記。温泉、鉄道、路線バスなど。

レストランほおのき

さて、今日もまた、朝から古湯温泉の英龍温泉へ。ゆっくり1時間ほど使って出てきました。

で、これからレストランほおのきへ。北山ダム湖の県道299号線沿いにあり、さが21世紀県民の森アウトドアレジャーの拠点でもあります。

古湯温泉街を出て嘉瀬川ダムのほうに向かいます。ダム湖のわきを通り、銀河大橋を渡って県道299号線へ。そのまま山の中を走ると今度は北山ダムの築堤が見えてきます。
ダム湖の岸に沿ってしばらく走ると、駐車場が見えてきます。

イメージ 1

画面左に写っているピンクの屋根が案内センター・レストランほおのきが入る建物です。駐車場から階段を下りて入ります。

イメージ 2

イメージ 3

中に入ります。
入って左手に売店があり、右手がレストランです。レストラン入り口前にはメニュー表が掲示してあります、が・・・

イメージ 4

なんかウェブサイトに載っていたものに比べて、えらい品数が少ないな・・・上部のほうには紙貼って何か隠しているね・・・
中に入ります。

イメージ 5

昼食時間帯にはまだ早く、店内には誰もいません。
入り口入って左側のカウンターに若い女性の店員が立っていました。ここで注文して、先に会計を済ませるシステムのようです。
そばの柱にもメニュー表が掲げられています。でも・・・

イメージ 6

これも、隠されているもの多数あり。
店員さんに聞いてみました「ホームページに載ってたほおのき定食は無いの?」
すると「今日はやってないんです」という答え。
ないものは仕方がない、夏季限定メニューのざるそばセット670円を注文して料金を払います。
でも、ウェブサイトで公表している内容と実際のものが違うというのは、よろしくないですね・・・

注文を済まして、窓側の席にかけました。

イメージ 7

天気は良く、夏の日差しが降り注いでいます。すでに梅雨入りしてるはずですが、ずっといいお天気が続いています。
お茶はセルフサービスのようです。入り口入って右手の場所に冷水器とポットが用意してありました。ポットの中に入っているのは

イメージ 8

だそうです。ドクダミ茶とお冷を両方持ってテーブルに帰ります。
ほどなくざるそばセットが運ばれてきました。

イメージ 9

手前にお蕎麦、奥に山菜の天ぷら、鶏のから揚げ一切れ、炊き込み飯のおにぎり一個、梅干し・沢庵・昆布とおかかの佃煮。左側につゆと刻み葱・わさび。

では、いただきます。
普通においしくいただきました。天麩羅はサクサクして美味しかったです。まあ、値段を考えるといい方かな、という印象です。

ある専門に特化した料理店とかいうわけでないし、家族連れで休日遊びに来て立ち寄る、といった感じのお店ですね。値段もそんなに高くないし、料理の内容もそれ相応といったところです。
全部きれいにいただいてから、外のデッキに出てみました。

イメージ 10

イメージ 11

そのまま外にも出られるようですが、いっぺん店内に戻って「ごちそうさま」と声をかけて店の外に出ました。

イメージ 12

こちらは店のそばにあるレンタサイクル屋。北山湖を周遊するサイクリングコースが整備されています。

イメージ 13

ボートに乗って北山湖に漕ぎ出すこともできるようです。
でも私一人で来たのに、自転車やらボートやらに乗っても仕方ない。そのまま駐車場に引き返しました。

レストランほおのき→http://www.smile-e.org/restaurant/index.html


古湯・熊の川温泉について→http://www4.hp-ez.com/hp/huruyu-kumanokawa/page7

こちらも見てください→にほんブログ村 九州旅行